印税収入を稼ぐ職業

絵の上手さや、歌のうまさが、昂じて、印税が入るような大物になると、働くことなく不労所得で生活することができます。

 

小説の印税

小説といえば、この間、漫才をやっている又吉さんという方が、「火花」という小説を書いて、突然芥川賞を取ったことが話題になりましたね。

あの小説は、増刷されて、200万分もの発行数になったそうですね。

 

ちなみに、小説の印税って、発行部数で決まるんですって・・・

 

この方の印税がいくらくらいになるかというと、

(発行部数)×(本の価格)×10%

2,000,000×1296円×10%=260,000,000円

2億6千万円。

 

漫画の印税

小説でなく、漫画も、印税を稼げますよね。

コミックの単行本が発行されると、その印税は10%だそうです。

 

100万部になれば、その本の価格の10%×1,000,000

(いまどきのコミックの値段は、いくらなん?500円くらい?)

仮に、500円として、5千万円くらいになるんですね。

漫画は、一個の漫画で、一年に何回も発行される訳ですから、印税は億を超えるのは間違いありません。

さらに、この10%の印税、電子書籍だと70%だそうです。

 

漫画を書くことによって得られる収入は、それだけではありません。

たとえば、デスノートのように、アニメ映画になって、さらに実写版の映画になって、テレビドラマになって、LINEのスタンプにもなっているような場合は?

印税は、どれくらいになるのか、素人の私には想像ができません。

 

ちびまるこちゃんの作者、さくらももこさんの場合、コミックになって、テレビアニメになって、キャラクターはテレビコマーシャルに出演しているし、グッズも数多く販売されています。

アニメキャラのキャラクターグッズのロイヤリティは、書籍のように決まってはいないそうですが、1~2%前後だそうです。

でも、それこそ不労所得ですよね。

 

最初は漫画本の連載を、一生懸命に書いて、1ページの単価で、原稿料を稼ぐ漫画家という職業ですから、そのときは労働収入なのですが、頑張っていくうちに、不労所得が大きくなっていくようですね。

まるこちゃんは、もはや、花輪くんちより、お金持ちになっているといってよさそうですね。

自分が紙に書いたキャラクターが、一生懸命稼いでくれるイメージです。

なんだか、ものすごく夢がありますよね。

 

うちの二人のむすめ、絵が好きで、少女時代は漫画やらイラストばかり描いていましたが、不労所得を稼いでくれないかな。

親として、安心できるんですけど。

 

LINEのスタンプを作ったラどれくらい儲かる?

LINEのスタンプのデザインなどは、どれくらいの収入になるのでしょうか。

LINEのスタンプは、絵心のある人なら、誰だってつくれそうだなって思いませんか?

 

手順は、以下の通り

  1. スタンプになる画像を作る
  2. LINEに申請出来るように画像を編集するLINEに作ったスタンプを登録する

審査があり、審査が通るとストアで販売されるようなるんだって。

ただ、売れそうなものでも、LINEが決めた規約などもあるので、そこは、きっちり守っていきましょう。
画像は、売れそうなデザインを作った方がいいのは、当たり前です。

 

スタンプを作っている人が云うには、やっぱ~かわいい動物系が売れるみたいですね。
あと、スタンプをよく買う人は、30代~40代、意外でしょ?

女子高生などの若い子は、本当に気に入れば買うけど、バンバン買いはしないってことですよね。

 

だとすると、狙い目は、30〜50代?

高校生より会社員、あるいは、お母さん、あるいは、水商売の方とかにターゲットを絞った方がいいのかな。

 

こんのサイトに、解説がありました。

http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=12786

「仕事で使える」「可愛いけど子供っぽいまでいかない」「切り返し用のセリフやポーズがはいったほうが売れる」

たしかに、ウイットに富んだ切り返しに使える、セリフの入ったスタンプは、大人が好きかもね。

 

でも、女子高生からすると、母たちのスタンプの使い方は、難ありだそうです。

面白いから、こちら見て!

http://matome.naver.jp/odai/2143756350000048101

 

スタンプが売れたら、どれくらい儲かる?

スタンプが一個の値段は、作った人が設定することはできないみたいです。

LINEの、Q&Aでは、同様の質問がありました。

価格は自由に決めることはできません。

1セット、スタンプの個数は40個であり、金額は3つの購入経路によってそれぞれ異なります。

・LINE STORE:120円

・スタンプショップ(iOS):50LINEコイン

・スタンプショップ(Android):50LINEコイン

収入の算定は、以下のように書かれていました。

登録した口座にスタンプの売上(Apple、Google等の手数料30%を除く)の50%が振り込まれます。

100個売れると、12,000円で、30%引かれて、その半分だから、4,200円ということですね。

 

なるほど、まとまったお金にするには、相当の数を売らないといけないみたいですね。

 

でも、売れると嬉しいですよね。娘たちに作らせて、わたしが申請しちゃいますか・・・