働こうとすると憂鬱な気分になりどうしても働けません

働きたくない病という名の病気があって、その病気になった人は生活保護をもらえるとしたら、殆どの人が病院に行くのではないだろうか。

殆どの人は、日曜日の夜になると、なんとなく憂鬱になるもの。

無意識に、働きたくない病は進行していく・・・

 

20100918172336-150x150

どうして働きたくないか

問題は、どうして働きたくないか、ではないでしょうか。

 

仕事が嫌なら

退職して失業保険をもらう

別の仕事に転職する

好きな仕事を見つける

 

満員電車が嫌ならば、

車、あるいは、徒歩で通えるように住居を変える。

自宅で出来る仕事を見つける

 

上司が嫌ならば、

退職して失業保険をもらう

上司を罠にかけて辞めさせる

転職する

自宅で出来る仕事を見つける

 

子どもと一緒にいたい

退職して失業保険をもらう

自宅で出来る仕事を見つける

主夫になり妻に働いてもらう

 

妻と一緒に居たい

夫婦して会社を辞め、自営業をする

自宅で出来る仕事を見つける

子供を働かせる

子供が小さければ、生活保護をもらう

 

何かの問題を解決するには、その問題が生じた原因を探り、それを排除していけばいいんですね。

 

なにがなんでも働きたくない病の解決策

しかし、なにがなんでも働きたくない病は、解決策は一つ。

働かなくても収入が入ってくるようにするしかありません。

  • 生活保護をもらう
  • 家族を働かせる
  • 他人を働かせる
  • 不労所得ビジネスを持つ
  • お金を働かせる

あ、もう2個ありました

  • 家族を捨てて、ホームレスになる
  • 結婚して養ってもらう

もっとも、ホームレスの人も、一生懸命に働かないと生きていけないみたいですよね。

やけくそみたいな記事になってしまいましたが、

この世の中には、好きなことをして生きる方法は、必ずあります。