ツイッターで「働きたくなーい」と連呼するメンヘラたち

 

 

ツイッターで「働きたくなーい」と連呼する人たちを、追跡してみたら、自称メンヘラが多いことに気づきました。

メンヘラって、何?と思って、調べてみました。

 

2ちゃんねるの掲示板で、メンタルヘルス板に書き込みをする人たちを指して呼ばれるようになったメンヘラ。

2chで誕生したメンヘラの意味は、「精神が病んでいる人・行動が超ネガティブで異常な人」

 

そう、メンヘラは、ネットスラングの一つ。差別的な使い方をする場合が多く、自分自身をメンヘラと呼ぶ人も大勢いますね。

lgf01a201406071100

自称メンヘラが存在するのは、彼らが持つ、行き場のない悲しみ、周りに受け入れてもらえない辛さを、知ってもらいたいという、メンヘラならではの感情かもしれません。

 

メンタルヘルスは、云うまでもなく、精神面における健康のことですが、2chから発展したメンヘラは、心に病気を患っていそうな人、あるいは、それほどでなくても、情緒不安定だったり、ネガティブ志向の人まで含まれるようですね。

 

どちらかというと、実際に精神病という診断がついている人は除外して、境界線にいるような人だと定義したほうが正確なのかな、と感じました。

 

メンヘラちゃん、メンヘラ女子と呼ぶ場合、恋愛対象として魅力的だという意味だったり、彼女として相応しくないという意味だったりします。

 

男女問わず彼らは、働くことに対して嫌というより、恐怖を覚えるので、ツイッター上でも、「働きたくねえ」と連呼するんですね。

 

彼らの言い分を詳しく見ていくと、職場でいじめにあったり、上司に厳しく注意されたりして、折れてしまって、仕事を続けていけなくなってしまった人が多い。

 

働かなくっちゃいけない、出来れば働きたいと思ってはいるが、仕事に行きたくない、職場が怖い、という書き込みを見ると、本当に辛いんだろうなと、同情してしまいます。

 

もしかしたら、本当に精神面の病気があっても、本人がそれを認めず、正しい診断がついていない人なのかもしれません。

 

本当に辛い、死んでしまいたいとまで書いている人がいます。しかも、かなりの数。

 

現実に病気で働けない人もいらっしゃるかもしれませんが、さきほどいったように、情緒不安定だったり、ネガティブなものの見方をしてしまうために、職場でのトラブルや失敗など、誰でも経験することに、以上に反応してしまうということも、あるでしょうね。

 

メンヘラーが、生きることにむずかしさを覚えて、働くことができなくなることは多いかもしれませんね。

 

ベーシックインカムを、早く日本で施行されればいいのに、なんて書いている人がいますが、ベーシックインカムで経済的な問題を解決して、静かに暮らせる社会を心から望んでしまうのでしょう。

 

このメンヘラという言葉を知ってから、メンヘラ診断をするサイトがあったので診断してみたら、わたし自身もメンヘラ一歩手前だと出たので、ドキッとしてしまいました。

 

確かに、職場ではトラブル続きで、辛いことが多かったような気がします。ただ、死んでしまいたいほどの苦しい経験ではないので、やはり診断通り一歩手前なんでしょうか。

 

でも、もし、病気ではないのに、働くことも生きるのも、性格的にうまくいかない人がいたら、ネットビジネスで経済的に自立することも考えてみるのも、いい解決法なのかもしれませんね。